着物で優佳良織が見せる北海道の伝統

HOME 買取 着物

優佳良織は、北海道旭川市で生産されている着物です。 羊毛を染色し、紡いだのち200色以上もの色を使って織るので油絵のような着物が出来上がるのが特徴的です。 旭川出身の木内綾という女性により考案された着物です。 1960年頃から織りの試作が始められ、1962年に工房を発足させました。 初めは「ユーカラ織」と表示していました。 (ユーカラとは、アイヌ民族に伝わる叙事詩の総称です。) 1980年頃に版画家である棟方志功の命名で「優佳良織」と改名しました。着物、 装飾やインテリア、バッグ、ストールなど幅広い製品があります。 1978年にハンガリーで行われた国際染色ビエンナーレでは金賞を受賞しました。 旭川市の北海道伝統美術工芸村の中には優佳良織工芸館があり、優佳良織の着物の展示、はた織体験、販売を行っています。 優佳良織とは。 優佳良織(ゆうからおり)は旭川市の染織作家・木内綾が創作した染織工芸品です。 代表的な作品テーマ「流氷」や「ナナカマド」「摩周湖」「さんごそう」「ハマナス」など 北海道の美しい自然をテーマに羊毛を主材料とし、染色・手紡・機織などすべての工程を手作業で行います。 一つの着物に200色から300色の色を使うとともに、綴織やすくい織など高度な技術を用いて油絵のような着物を完成させます。 優佳良織工芸館 優佳良織工芸館 . 日常生活と優佳良織。 また優佳良の作品には着物だけでなく、洋服や和服、バッグやストールなど身に付けるものから 座布団や椅子の背もたれに優佳良織を取り入れたりと日常生活に溶け込んだイメージとして展示。 また販売室にて購入可能な着物もあります。 優佳良の商品もございます。 優佳良織とは。 優佳良織工芸館は、建物も北海道の素材にこだわり、工芸館内部は全て北海道の天然木を使用しています。床材には ハルニレを主とする埋木、そのほか展示室ごとにオンコ、ヤチダモ、オニグルミ、ミズナラなどが使用されています。 また赤みの強い煉瓦は、 北海道の土で焼成されたものです。 北海道 優佳良織工芸館 北海道 優佳良織工芸館 . 北海道 優佳良織工芸館 北海道 優佳良織工芸館 奈良薬師寺に奉納された優佳良織の幡(ばん)や実際に使われていた優佳良の機織機、着物に使用する工具なども展示され、優佳良織制作工程が分かる展示室もあります。 . 優佳良織体験コーナー 館内では実際に優佳良織の着物で使われている色糸を選び、 着物を制作する優佳良織体験を開催しています。 体験を通して着物の良さや楽しさ、難しさを知っていただければと思います。 優佳良織、以前はユーカラ織と呼ばれていた(1980年の新工芸館開館を記念に優佳良織と改名、これは版画家の棟方志功の命名による)。 ユーカリ、この木は私の中では何故か北海道の木として認知されている。そのせいか、優佳良織の素材は、ユーカリの木の表皮、すなわち植物繊維としてとらえていた。無論のことまだ実物の着物にはお目にかかっていない時のことだが。否。優佳良織の素材は緬羊、そう、ウールであった。私としたことが・・・。 日本の各地には、その土地土地の着物が数多くある。そしてそのおおかたが着物をベースとして永年の伝統を築きあげてきた。 優佳良織も北の大地でいかにも伝統あるかのような顔している。が、そうではない。北海道にもアイヌを中心とした文化遺産はある。が、全く異質の着物だ。この着物は、旭川に生まれ、東京代々木実践高女を卒業した木内綾さんの手によって生まれたものだ。旭川に戻った木内さん、10年くらいは趣味の着物を楽しんでいた。そんなある日、北海道立工業試験場から「北海道というところは伝統工芸の育たないところ。なんとか、伝統工芸的な着物を作ってくれないか」と依頼を受ける。「趣味の域を出れば責任が発生する」、木内さんは悩みに悩む。「各地には伝統ある染織工芸が存する。しかし、北海道にはそれがない。何をコンセプトにおけばいいのだろうか」と。「たどるべき道も(一般論としての着物の染織技術はあるが)その先にも道はない。さすれば・・・。そうだ北海道の自然を織ろう。北海道の風土とフォークロアだ。しかも油絵のごとく」と結論づける。やがて、着物の試作と研究に没頭していく。1960年のことであった。このようなことがきっかけとなり優佳良織の着物が誕生していくのだが、1962年には優佳良織工房を発足させ着物を軌道に乗せている。が、その歴史は40年余しかない。アイヌのアツシ織 優佳良織工芸館エントランス 織機 優佳良織の特徴は「北海道を織る」ということ。着物の素材は緬洋であることは先ほど述べたが、さらなる特徴は色の多彩さだ。1つの着物に200から300色の色が織り込まれる。染織工芸は、ある色を選び出して経糸と緯糸で1つの世界を織りなすが、優佳良織は、多彩な色を選びだし、その調和と色と色との重なりあいに美を求めており、さながら油絵の如しだ。 着物は経糸と緯糸が直角に交わる。ということは曲線を描くのは至難の技である。しかし、「すくい、杉綾、浮き柄、平、綴れ」などのあらゆる織の技術を駆使して、着物で複雑な紋様を見事に表現している。各地の着物が衣を目的にしているのに対して、優佳良織はまさに芸術品である。木内綾は言う。「伝統の恩恵がないことは、逆に伝統に束縛されないという恩恵をこうむっている」と。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事