着物で厚司織が見せるアイヌとオヒョウ

HOME 買取 着物

厚司織(あつしおり)は、北海道沙流郡平取町が産地のアイヌ民族の織物です。 厚司織の着物はオヒョウの樹皮で織られています。 厚司織の着物はやわらかく強靭で、アップリケや刺繍で独特のアイヌの文様をほどこしているのが特徴的です。 アットゥシ、アッシ織などいくつかの呼び名があります。 厚司織の歴史は古く、アイヌ民族の織具は、 弥生時代以前から、使用されていたといわれています。 江戸初期頃から、日本本土や大陸方面から衣類を入手するようになり、 特に青森県の藍染の木綿が、厚司織に大きな影響を与えたそうです。 厚司織は無地物だけであったが、 藍染の木綿を切抜いてアップリケしたり、厚司織の着物は藍染の木綿をほぐして藍糸を得、 刺繍したりするようになったといわれています。 その後、厚司織の着物は、無地で装飾しないことが多かったが、 晴れ着には、アップリケや刺繍で独特なアイヌの文様をほどこすようになりました。 現在、テーブルセンターや壁掛けなども厚司織で作られています。 原料であるオヒョウが少なくなっているので、厚司織ではおもにシナノキの繊維が使用されています。 オヒョウという楡科の樹皮で織られたアイヌの着物で、やわらかく強靭。経糸の先を束ねて杭か柱に結びつけ、一端を腰にくくりつけて座ったまま原始的な戸外機で織っていく。厚司織の着物はすべて手作業で行う。 織りあげた着物は衽のない肘丈の銅服に仕立てあげ、まず袖口衿から裾廻り、後肩山廻りに無地または黒、茶、ねずみ、白、緑などの縦縞ぐらいに織ったものを、切伏(アップリケ)や刺繍で独特のアイヌの紋様をほどこしたもの。 用 途 厚司織は普段着、晴着、頭巾、鉢巻、帯、前掛け、手甲、脚半、刀掛け帯等に用いられたが、現在の厚司織は観光用儀式のショーの際に着物として着用されたり、土産物として着物や敷物、壁掛け、帯、袋物等がつくられている。 厚司織(あつしおり)画像 . 変 遷 アイヌの文化においては、古くから編袋(サラニップ、テンキ)、背負縄(タラ)、蓆(キナ)などの織物の技術が発達していた。 織機が導入されると、厚司織の着物には北海道全域に自生するオヒョウがもっとも多く用いられ、厚司織が着物の主流を占めるようになった。しかし、現在はそのオヒョウも少なくなり、入手が困難になってきているので、おもにシナノキの繊維が使用されている。  厚司織の着物は地厚に織られた木綿の平織り又は綾織り布地のことですが、羅紗やサージを使ったものもありました。厚司織は紺無地あるいは黒と白との大名縞のような単純な縞柄で、労働者の着物に使われた、一種の筒袖上衣の織物です。 厚司織の着物は厚地のため火消し。消防夫の頭巾、着衣としてよく用いられ米屋さんなどの前掛地などにもよく使われました。現在では厚司織はその素朴な手法と特殊な文様を生かして、テーブルセンター、壁掛などの民芸品が平取で創られています。 厚司織の語源はアイヌ語のアッツシ。アッツシはおひょう、あかだもなどの樹皮を剥ぎ取って水に浸して柔らかくし、厚司織を紡ぐように細く裂いて糸に紡ぎ、その糸で織った着物。 背及び袖・裾などに渦巻き文様などの黒または紺木綿の布地で模様をおいて刺繍をしたもの、 これをアッツシと称し、厚司織、すなわちアイヌ人の着物です。 尚アイヌの織具は、弥生時代の原始機が発見される以前から、わが国の地機に先行する織具として使用されており、厚司織の着物はその歴史の古さがうかがわれます。厚司織の着物では 木の繊維でもシナ布よりは柔らかで扱いやすいです。 厚司織の着物は藤布に近いかな?もう少し厚い感じもしますけど。 実はコレ、帯地ではありません。 なので 厚司織の着物では幅も長さも帯よりあります。 幅は9寸6分(約36,5cm) 長さは6m45センチあります。普通の名古屋帯なら 長さは1丈2尺2寸と言われていますから 約4m63cmあればオッケー。  半幅なら3m60cmで足ります。  余りは・・・ テーブルセンター? 草履やバックも作れるかな・・・厚司織の着物は単衣から夏にお使いいただける帯になります。  厚司織の着物は、幅もちょっと広いので名古屋にするなら両端を折り込んで8寸2,3分にしますし、半幅なら 少し広めでもボリュームが出てよいと思います。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事