着物の袖身頃と折り畳み方

HOME 買取 着物

着物の畳み方 着物や帯は、保管するときに正しくたたんでいないとシワになり、傷めてしまうこともあります。 いくらきれいに着付けていても、着物や帯がシワだらけでは、せっかくの着物姿が台無しです。 ここでは、着物や帯を美しく保ち、長持ちさせるための畳み方について紹介します。 着物の畳み方 難しそうに見えますが、基本さえ覚えれば、意外と簡単にたためるようになります。 以下に着物の畳み方を紹介しますので、キチンとできるようになりましょう。 【畳み方のおもな種類】 本だたみ (ほんだたみ) 長着(ながぎ)や羽織(はおり)の正しい畳み方です。 女物、男物、単衣(ひとえ)、袷(あわせ)はこの畳み方をします。 袖だたみ (そでだたみ) 本だたみに対する仮の畳み方で、一時的にたたむ場合に用います。 夜着だたみ (よぎだたみ) 二枚重ねの長着や絵羽(えば)模様の着物、子供の着物、夜着(よぎ)、丹前(たんぜん)などの畳み方です。 留袖、男物の紋付き、刺繍や箔(はく)のある訪問着は、紋や模様を傷めないようこの畳み方です。 襦袢だたみ (じゅばんだたみ) 襦袢(じゅばん)やコートなどの畳み方です。 ・明るいところで、広げる場所をきれいに畳みます。 ・着物に汚れがつかないように、たとう紙を敷いた上などでたたみましょう。 ・いずれの畳み方の場合も、左手側に衿肩、右手側に裾がくるように置きます。 ・晴れ着や礼服の模様部分と紋には、薄紙をあてると良いでしょう。 ・着物は、衿をキチンとたたむのが決め手です。 ※衿肩をキチンと折り、衿丈を整えます。 ※広衿は、衿肩まわりを内側に折り、両肩のかどを三角に形良く収めます。 本だたみ 衿肩あきを左に平らに広げ、下前身頃の脇縫いを折ります。 おくみを衿肩あきから裾まで斜めに折り返します。 衿の肩山のところから斜めに中に折り込んで、衿を合わせます。 上前脇縫いを下前の脇に重ねて、背縫いをきちんと折ります。 左袖を、袖付け線より少し身頃に入ったところで折って、身頃に返します。 ※男子長着など、裄丈が長い場合は、袖付けから五分~一寸くらい袖側に入ったところで袖を折り、身頃に返します。 下側の袖(右袖)を身頃の下に折ります。 身頃を衿下から二つに折ります。物差を入れるときれいに折れます。 ※たとう紙のサイズにより、三つ折りにたたむ場合もあります。 ページトップへ 袖だたみ 左右の外袖を合わせ、袖山を重ねます。 また、左右の後ろ身頃も合わせ、脇縫いを重ねます。 重ねた袖を身頃に折り重ね、肩山と袖山を重なるように整えます。 身頃を二つに折ります。 さらに、身頃を二つに折ります。 ページトップへ 夜着だたみ 着物を広げて、下前、上前の順に両脇を正しく折ります。 模様や紋の部分は和紙やノリのついていない白布を当てます。 衿は三つ衿を内側に折り、衿肩あきで三角に折り、あとは衿先までピンと平らに折ります。 左袖が上になるように両袖を前身頃の上に折ります。 身丈を二つ折りにします。 折る時には折り目が強くつかないように和紙を軽く巻いたものや真綿などを置きます。 たけをさらに二つに折ります。 ページトップへ 襦袢だたみ 肩を左に置いて平らに広げ、左右の前身頃を折り重ねます。 下前身頃の脇の縫い目を身巾中央の衿に少しかかるくらいに折り、袖はもう一度外側に向けて、袖口が身頃から出ないように折り畳みます。 上前身頃も同じように折り、左袖も右袖に重ねて折り返します。 ページトップへ 羽織だたみ 衿の折り返しの「きせ」(縫い目通りではなく深く余分に折られたところ)を崩さずぴったり折りたたむのがコツ。 コートもこの畳み方をします。 衿肩あきを左側に広げ、右のマチをマチ巾中央で折り、前衿は身頃の方に折り返します。 左前身頃の衿を右前身頃の衿に重ね、ひもはそろえて衿にそって下げておきます。 左身頃のマチを右身頃のマチにそろえて重ねます。 左身頃の袖を袖付け線から身頃の上に折り返します。 下の袖も袖付けを持って下側へ折ります。 袋帯の畳み方 模様を外表にして、垂れの方を下に二つに折ります。 前柄の部分に折れ線が入らないように手先部分を七寸位内側へ折り、さらに二つに折ります。 上・下ひっくり返し、垂れの部分が上になるようにして、さらに二つに折り、太鼓柄が上に出るようにします。 ページトップへ 名古屋帯の畳み方 お太鼓部分の裏側を出し、垂れを右側にして広げ、前帯との境を三角形に整えます。 前帯を右側に返し、垂れのところから三角に折ります。 前帯の残りをお太鼓の上に折り返します。 左の三角に折った部分を内側に折り返し、お太鼓の柄を折らないように垂れを内側に折り返します。 ページトップへ 本サイトの著作権は株式会社さが美に帰属いたします。無断でのご使用は固く禁じさせていただきます。 掲載をご希望の場合にはご連絡をお願いいたします。 ホーム 着物ブランド 雑貨ブランド お手入れ お役立ち情報 店舗検索 企業情報 お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー セキュリティポリシー ご利用にあたって


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事