着物の衿と長襦袢の伊達締め

HOME 買取 着物

長襦袢の着方 着物を着る前に、まず長襦袢を着ます。 長襦袢を着るときは、着物の時よりも着丈もやや短めに調整しましょう。 長襦袢の色は、白または淡い色目のものが無難です。 長襦袢の着方の手順 1.長襦袢(ながじゅばん)をはおる 長襦袢を後ろから肩に掛けて袖を通し、左右の衿先を体の正面で合わせます。 2.衣紋(えもん)をぬく 左手で左右両方の衿先をもって、右手で背縫いをもって下に引き、手の平分程度に衣紋(後ろ衿)をぬきます。 ※チェックポイント ・衣紋のぬき具合は、手の幅から 3.下前の衿を合わせる 肌襦袢の衿に合わせながら、下前の衿をなでおろします。 4.上前をあわせる 両衿をもって衿を中心で合わせます。衿合わせは、年齢、体型により調整します。 ※チェックポイント ・衿は指一本通るくらいのゆるみ加減か ・左右の衿が鎖骨の上を通っているか ・長襦袢の丈は着物丈より短目か 5.腰紐を締める 腰紐の中央を上前の衿に合わせてもち、バストよりやや下位置に紐を合わせて後ろへまわします。 6.腰紐を締める 後ろで交差させてから前に回し、腰紐を結びます。 余った紐を両脇の紐に引っかけます。 7.伊達締めをしめる 伊達締めの真ん中を右脇にあてて後ろにまわします。 8.伊達締めをしめる 伊達締めを後ろで交差させて下になったほうを折り上げます。 9.伊達締めを結ぶ 前で伊達締めをひとからげさせて引っ張り、その後左右反対方向に再度引っ張って両脇の伊達締めに引っ掛ければできあがりです。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事