着物の場合の上前と足

HOME 買取 着物

着物の立ち振る舞いとマナー 着物に慣れていないと、「立つ」「すわる」「歩く」といった、普段の何気ない動作もぎこちなくなってしまいます。しかし、立ち居振る舞いのコツを知っていると、動きも楽になりますし、着物が汚れたり、余計なシワが寄るのを防いだりすることもできます。 何より、美しい所作や立ち振る舞いは、着物姿をより美しく見せる重要なポイントでもあります。 また、和装時の席などでは独特のルールやマナーがありますので、ここでは最低限知っておきたい着物の時の立ち居振る舞いやマナーのポイントをご紹介します。 基本の動作 ● 立ち姿 頭の先から糸で吊られているように、背筋をピンと伸ばします。 つま先が開かないよう、体の中心に力を入れて内股気味に立ちます。片足を軽く後ろに引くと、よりきれいな立ち姿になります。 両腕は前で自然に重ねます。 手を上げる時は、二の腕が見えないよう肩より下で袖口を押さえます。 ● 歩くとき 背筋を伸ばし、小またで足をまっすぐ運ぶようにして歩きます(このように歩くと裾が乱れません)。 歩くときは、履物を引きずったり、大きな音を立てたりしないように注意します。 荷物はできるだけ左手で持ち、右手は上前に添えて、着物のつま先がひらひらとなるのを防ぎましょう。 ● 階段を上り下りするとき 右手で軽くたてづまを持ち上げます(このようにすると、着物の裾が階段に触れませんし、足の運びも楽になります)。 体の向きを階段に対して少し斜めにすると歩きやすくなります。 階段を上るときは、上がった足が地に付くと同時に残った足を上げるようにすると、足首があまり見えません。 ● 車に乗り降りするとき 車に乗るとき、いきなり足から入ると着崩れの原因になります。着物の裾が乱れないように気を付けながら、右手で立褄(たてづま)を軽く持ち上げ、お尻から入るように座席に腰をおろします。 次に、両足を揃えて地面から離し、片手で袖を持ち、もう片方の手で上前を押さえながら身体を回転させて足を入れます。 次に、両足を揃えて地面から離し、片手で袖を持ち、もう片方の手で上前を押さえながら身体を回転させて足を入れます。 車内では、帯をつぶさないように浅く座ります(シートにもたれてしまうと、帯の結びやお太鼓の形が崩れてしまいますので、注意しましょう)。 降りるときは逆の手順に。 ● 手を上げると着物を持ち上げるとき 携帯電話をかけるとき、電車のつり革に掴まるとき、タクシーを呼ぶときなど、手を上げる場合は、片方の袖口を押さえるようにすると、腕がむき出しにならず美しい所作に見えます。 ● ものを拾うとき 下のものを拾う場合は、左手で上前を持ち上げ、右足を半歩後ろに引いてしゃがみ、右手で拾います。 下が地面や床の場合は膝をつかず、座敷の場合は膝を畳につく方が美しい所作に見えます。 いずれの場合も、右の袂が下につかないように注意します。 ● 食事をするとき 着物を汚さないように、ハンカチを膝にかけます。大判のハンカチは、二つ折りにして”わ”のほうを手前にします。 食事をするテーブルの位置を確認し、帯とテーブルの間をこぶし1つ分空けるように座ります。 食事中にグラスなどを取る場合は、片方の袖口を押さえるようにする、袂を汚してしまう心配がありません。また腕がむき出しにならず、美しい所作に見えます。 ページトップへ 訪問先での立ち振る舞い ● 玄関先でのおじぎ コートやショールを着ている場合は玄関先で脱ぎ、手荷物とまとめて持ち、身なりを整えてチャイムを押します。 玄関に入ったら、あがりかまちの端に荷物を仮置きして、あいさつをします。 おじぎは、相手より浅くならないよう丁寧にします。 ● 履き物の脱ぎ方 つま先を浮かせ、片足ずつかかと側に滑らせながら、足を前壺(★1)から外して両足を揃えます。 ※履き物を後ろ向きで脱ぎ、上がり框(かまち)にあがるのはNGです。 身体をやや斜めに向けて立ち上がり、向き直って跪きます。 左手で右の袂を押さえ、履き物を揃えます。 ※履き物を履く場合は、上前を少しあげて、片足ずつ前壺に滑り込ませます。 ★1.前壺(まえつぼ) 下駄や草履(ぞうり)の前緒のことをいいます。 ● 和室でのあいさつ 客間に通されたら下座で待ち、まずはあいさつをします。 座布団には、勧められてから座ります。その際、座布団の横か後ろに正座し、次に手を軽く握って座布団の中央近くにつき、膝で移動してから座るようにします。※座布団の中央まで歩いて行かないようにします。 座布団や畳のへりを足で踏むのは失礼にあたりますので、注意しましょう。 座った状態でのあいさつは、両手を膝の前に揃えてついて、両手で三角を作るように頭を下げます。 手みやげは、部屋に通され、挨拶がすんだ頃合いを見計らって渡します。風呂敷から取り出して品物の正面を相手に向け、両手を添えて差し出します。 ● 正座のしかた 右足を少し引き、右手で上前を少し引き上げます(こうすると、膝から上に余裕ができ、座った時に着物が引っ張られることがなくなります)。 左手で上前の太もものあたりを押さえて腰を落とし、右手で上前をなで下ろしながら、順に膝をつきます。 膝の間をこぶしひとつ分くらい開けて両膝をつき、膝の裏の着物を左右に引いてすっきりさせます。 両足の間に腰が収まるように座ってから、両膝をやや浮かせて上前裾の乱れを右手で整え、座り直します。 ● 和室での立ち方 両方のかかとを立てて、その上にお尻をのせます。この時、かかとをきちんと揃えるように気をつけます。 次に、片膝を少し立て、上前を押さえながら右足から立ち上がります。 足の運びに気を付ければ、きれいに立ち上がることができます。 ● 椅子の座り方 帯をつぶさないように、もたれず浅めに座ります。 後ろの裾が地面に付かないように、少しひざの裏に入れ込むようにすると良いでしょう。 ● 茶菓の頂き方 お菓子は、「頂戴します」と一言添えてから、まずは軽く一口頂きます。このとき、必ず逆の手も添えるようにします。 お茶を頂く際も、左手で茶碗を持ち、右手を添えて頂きます。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事