着物を柄で購入する場合

HOME 買取 着物

着物購入のポイント 「着物を着てみたい!」 「初めてだけど、着物を買おう!」と決めたものの、「どんな着物を買ったらいいの?」「着物や帯のほかに何が必要なの?」「すごく高いんじゃないの?」など、いろいろな疑問があると思います。 ここでは、着物を購入するときに、知っておいたほうがいいことや、購入時のポイントをご紹介します。 疑問を解決し、あなただけのお気に入りの着物を見つけ、着物ライフを楽しみましょう。 知っておくこと 本来、着物は誂(あつら)えが原則です。しかし、着る方の好みに合わせて着物を染め上げたり、着る方の寸法に合わせて仕立てますので、どうしてもある程度の期間がかかります。着物を購入する場合は、時間にゆとりを持ち、好きな色柄で体に合った、あなただけのお気に入りの着物を購入するようにしましょう。 誂え着物 プレタ着物(仕立て上がりの既成品) メリット 好みの生地が選べる 好みの柄が選べる 好みの色が選べる 体型により縫い巾も違う為、その人にあった寸法で柄が染められる 時間がなくてもOK(購入すれば、すぐに着られる) デメリット 納期まで、少なくとも2~3ヵ月必要 柄は良いが色が気に入らない、色は良いが柄が合わない、といった場合がある 色柄は気に入ったが寸法が合わない、という場合がある 購入前のポイント 着たい季節がいつなのか決めておく 着物には春夏秋冬があり、それぞれの季節によって「柄」「素材」「仕立て方」が異なります。 例えば、春と秋では、仕立ては単衣ですが、秋に桜の柄は着られないので選ぶ柄が違ってきます。また、夏と冬では、柄だけでなく生地の素材から仕立てまで異なります。 このため、着物の購入に際しては、「着物を着たい季節がいつなのか」を決めておくことが大切です。 時期 仕立て方 説明 10月~5月 袷(あわせ) 裏地を付けて仕立てた着物 6月、9月 単衣(ひとえ) 裏地を付けずに仕立てた着物 7月、8月 薄物(うすもの) 盛夏に着る、透ける素材の着物 着ていく場所や目的を決めておく 着物には、素材や模様、柄の置き方などによって格付けがあり、着ていく場所や目的によって相応しい格付けがあります。 例えば、結婚式に出席するにしても身内の方なのか、あるいは友人の席なのか、知り合いのお子さんの席なのか、など 立場によって着る着物は違います。 また、お茶会に着ていくのか、観劇なのか、デートなのか、旅行なのか、目的が違えばおのずと着る着物の種類が違ってきます。 このため、「着物を着ていく場所」や「目的(シーン)」など、着物のTPOをきちんと把握しておくことが大切なのです。 ≫ TPOと着物の種類・格についての詳細は、こちらを参照してください。 好みの着物を自分なりに決めておく 本や雑誌、カタログなどを見て、あらかじめ自分の好きな柄や色を決めておくと良いでしょう。また、手持ちの帯に合わせる着物を選びたい場合は、帯を持参し、実際に合わせて見るのも良い方法です。 もちろん、詳しいことは店舗のスタッフに相談していただければ良いのですが、あらかじめ好みの色や柄がわかっている方が、相談を受ける店舗のスタッフも、より的確なアドバイスができるからです。 予算を決めておく 着物の価格は様々です。あらかじめ、ご自分で支払可能な予算を決めておきましょう。 特に、初めて着物を購入する場合は、下着、小物、帯、草履、バックなども必要になりますので、これらの費用も含めて予算を検討しておく必要があります。 ■購入にかかる費用 着物 表生地代、裏地代(胴裏、八掛)、染め代(染めがある場合)、仕立て代、はればれ加工代(撥水・ガード加工)など 下着・小物 肌襦袢、裾よけ、長襦袢、半襟、襟芯、腰紐、伊達締め、足袋、帯板、帯枕など 帯関連 帯、帯揚げ、帯締め その他 草履、バッグなど 店頭で購入するときのポイント 店舗に行く前に準備しておいたことを話す どんな場所や時季に着物を着たいのか、好みの色や柄、おおまかな予算はいくらかなど、事前に準備しておいたことを店舗のスタッフにお話しください。 さが美では、「着付けアドバイザー」の資格をもった店舗スタッフが、あなたに合った着物を探してお見せします。 【誂え着物の場合】 ① 表地を選ぶ ② 裏地を選ぶ ③ 着装してみる ④ 採寸する ⑤ 支払方法、納期を確認する お支払いについて 誂え着物の場合、注文時に代金全額を支払う必要はありません。 さが美では、仕立加工に出すまでに代金の50%をお支払いいただきます。残りの50%は、仕立加工も済み、商品を納品する時までにお支払いください。 ※さが美では、クレジットカード、提携ショッピングクレジットでのお支払いも承ります。 ※クレジットカード、提携ショッピングクレジットをご利用の場合は、契約時に全額をお支払いいただきます(代金の一部支払いはできません)。 メンテナンス 着物は、非常にデリケートな衣類です。着用したあとにキチンと手入れをせず、タンスにしまいっ放しにしていると、シミや変色・虫くいといった大変な状況になることが多々あります。 着用によるシミや汚れがついた場合や汗をかいた場合には、必ず購入店舗で汚れ落としや汗等のシミ抜きを依頼しましょう。 お気に入りの着物を長持ちさせ、末永く愛用するためには、専門家にみてもらい手入れをしておく事が大切です。さが美では、着物を末長く楽しんでいただくため、着用した後には、「京洗い」(★)をおすすめしています。 ★京洗い(きょうあらい) 着物を解かないでそのまま縮みや型崩れを起こさないように生地に優しい処理方法で洗う洗い方です。 さが美の「京洗い」は、特殊な溶剤を使用し、柔らかい絹の風合いを損なわないように丁寧に洗い上げ、ススやホコリと油分が主成分である「着汚れ」を落とします。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事