着物の帯で用いる格

HOME 買取 着物

和装には、着物から小物にいたるまで「格」があります。 実はこの格が着物を難しくしている原因のひとつなのですが、格によってTPOに合った着物の選び方、帯や小物とのコーディネートの良し悪しが決まってくることも確かです。 ちょっと堅苦しいかもしれませんが、TPOに合った着物のを賢く着こなし、着物ライフを楽しみましょう。 着物の格 帯の格 着物のTPO 着物の格あわせ 小物の格あわせ 帯の格(女性の場合) ● 丸帯(まるおび) 別称、広帯とも言い、広幅生地を二つ折にして帯芯を入れて仕立てたものです。 帯の中では一番拡張が高く、花嫁衣裳・黒本振袖・黒留袖と合わせます。 ● 袋帯(ふくろおび) 袋状に織られているもので、原則的には帯芯を入れずに手先・たれ先を折り込んで始末して用います。 袋状に織られているものを「本袋」といいますが、最近は二枚に織り縫い合わせている「縫い袋」が、一般的です。 今は、丸帯の代わりに礼装・略礼装用に使用し、素材により外出用から趣味的な着物に合わせる「しゃれ袋」があります。 ● 全通帯(ぜんつうおび) 帯の手からたれまで柄がある、通し柄の帯です。 ● 六通帯(ろくつうおび) 帯を締めた時、見えるところにだけ柄がある、六割が柄の帯です。 ● しゃれ袋帯 礼装用でなく、遊び心ある帯です。しゃれ味のある着物に合わせます。 紬織りのものは、よりカジュアルになります。 ● 京袋帯(きょうふくろおび) 一般的な袋帯と比べると、お太鼓一重分短い袋帯です。 用途・格は名古屋帯とほぼ同じです。 ● 名古屋帯(なごやおび) 九寸名古屋帯(幅)とも言い、大正末期に帯の簡略化を目的として考案された帯です。 お太鼓の幅を30~32cm位の好みの幅に帯芯を入れ、胴に巻く部分を半幅にして仕立てたものです。 織の帯は、略礼装に使われ、普段用の染のものまで、模様付けも多彩で範囲も広く用いられます。 ● 袋名古屋帯(ふくろなごやおび) 八寸名古屋帯(幅)とも言い、袋帯や名古屋帯の長所を合わせて作られた帯です。帯幅が袋帯と同寸、長さ・模様付けは名古屋帯と同じです。 帯芯を用いず帯幅の”みみ“をかがるだけで、使う事が出来るので、かがり帯とも言います。 用途は名古屋帯と同じです。 ● 単帯(ひとえおび) 単衣の着物に用いる。一枚帯の総称ともなっています。 二重太鼓が結べる長さがあります。 ● 半幅帯(はんはばおび) 普通の帯地の幅を半分に折り、芯を入れて仕立てた帯です。 帯地によって普段着から外出着まで、または羽織下など、広範囲に用いられます。 ● 踊り帯(おどりおび) 舞踊家が舞台で好んで用いたことから名前がついたものです。 色、柄が大胆なものが多いです。 ● 腹合わせ帯(はらあわせおび) 表裏がリバーシブルになるように仕立てた帯です。 ● 掛下帯(かけしたおび) 現在の花嫁の打ち掛けの下に文庫に結んで用いられます。 ● 祝い帯(いわいおび) 子供用の幅に織られた広帯を二つ折にして芯を入れて、仕立てたものと袋帯状の芯の入らないものの2種類があります。 おもに七五三の祝い用に用いられます。 ● 抱え帯(かかえおび) 花嫁衣装の掛け下やお色直しに用いられます。 ● 軽装帯(けいそうおび) 胴周りとお太鼓の部分が別々に作られた帯です。 帯結びが苦手な人には便利な帯です。 ● しごき(扱)帯 抱え帯の一種で、花嫁衣装やお色直しに用いられます。 ページトップへ 帯の格(男性の場合) ● 角帯(かくおび) 男帯の一種で、幅約20cmの帯地を二つ折りにして仕立てたものです。 兵児(へこ)帯よりも格式があります。 春秋を通じ、博多織が一般に多く用いられますが、紬(つむぎ)、絽(ろ)、緞子(どんす)などもあります。 袋状のものと単(ひとえ)のものがあり、材質により芯を入れて仕立てたものがあります。 一般に固くしまった地風のものが用いられ、博多献上が多く使われています。 ● 兵児帯(へこおび) 男帯の一種で、紺・黒・茶・ねずみ色などの縮緬(ちりめん)、羽二重、木綿などを用い、大幅(約74cm)や中幅(約50cm)のものをしごいて締めます。長さは3.5~4mです。 男性・子供の浴衣・普段着の着流しに用います。 これらを、着物の種類に合わせて(または帯に合わせて)選んでいきます。 普段よく使う帯は、袋帯、京袋帯、名古屋帯、袋名古屋帯、単衣帯、半幅帯の6種類ほどです。 これらは帯の形であってそれぞれ長さや素材が違うものがあり、それによっても格が違ってくるので、気をつけましょう。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事