喜多川俵二の俵屋有職着物

HOME 買取 着物

人間国宝【喜多川俵二の着物】 ≪有職着物≫ 特選唐織九寸名古屋帯 「瑞草の丸」 ≪国宝の細緻な織りの妙技が光る着物。≫ 古来より受け継がれてきた有職着物に現代の息吹を吹き込んで…。 その繊細にして典雅なる作風は、 皇室御用達作家としての確かな実績でも注目を浴びています。 皆様ご存知、喜多川俵二の名古屋帯と着物をご紹介いたします。 京を誇る俵屋十八代目≪喜多川俵二≫。 喜多川俵二氏は1999年、「有職着物」で父の故・平朗氏に続いて 親子二代重要無形文化財保持者【人間国宝】の認定を受けておられるお方です。 古く中国より伝えられた織物が平安時代になり日本人好みに和様化され、 平安の公家たちが宮廷の儀式や日常の服飾に用いた日本独特の伝統文様、有職着物。 俵屋はその有職文様をもとに数々の着物を製作し、 皇室御用達作家としての確かな実績でも注目を浴びておられます。 ほんとうに軽やかな地風…。 繊細に魅力的な意匠美の本着物は、手にされますとまずその軽さに驚きます。 唐織のお品ですと、重厚感があり煌びやかなイメージが多くございますが、 俵屋の製作されますお品は第一にお召しになられる方を想って 大変上品さに溢れた製作された着物ばかりでございます。 繊細な織りくちにその襲ね色、感じていただけますでしょうか。 淡くほのかに色づく香色の帯地に、 地に花菱を施して、金銀の光沢美しい瑞草の丸文を、 二陪織物として優雅に織り上げたひと品。 高尚に満ち溢れた格調高い帯姿をお楽しみいただけます。 ふっくらとした唐織の味わいをほどよく控えめに、確かな織り口を保ちながら…。 是非この機会をお見逃し無きようお願い申し上げます。 【 喜多川俵二 】 1936年 京都西陣[俵屋]17代喜多川平朗(故・重要無形文化財保持者)の次男として生まれる。 1988年 [俵屋]18代を継承。 1989年 伊勢神宮式年遷宮神宝装束「錦」「羅」「紗」等を製織。 1990年 秋篠宮殿下 紀子様御婚儀装束「御即帯」「十二単」製織、       天皇御即位御大典御装束「御即帯」「十二単」製織。 1993年 皇太子殿下 雅子様御婚儀装束「御即帯」「十二単」製織。 1999年 重要無形文化財(人間国宝)の認定を受ける。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事