鈴田滋人の更紗工芸着物

HOME 買取 着物

【人間国宝 鈴田滋人(すずたしげと)の着物】 木版摺り更紗九寸名古屋帯 「松」 工芸染織ファン必見。 現代に蘇る伝統の木版染め。 重要無形文化財「木版摺り更紗」保持者として認定される鈴田滋人氏。 これまでにも、雑誌「美しい着物」等にも特集が組まれ、 TVの着物番組でも取り上げられておりますので、ご存知の方も多くおられるでしょう。 しなしながら、その着物の製作数は大変少なく実物を目にする機会は 着物の本場室町でもほぼ皆無… そんな稀少な工芸品着物を、この度貴重なご縁がありご紹介させていただきます。 ほとんどが専門店や百貨店のみに流通する工芸品着物ですので、 お目に留まりましたらどうぞお見逃しなく! 木版染色は鈴田氏が初めて重要無形文化財の認定を受けられた着物の技術です。 江戸時代、献上された着物として制作されていた「鍋島更紗」。 明治に入り状況が一変した鍋島更紗は、大正時代に一度途絶えてしまいます。 この鍋島更紗の秘伝書・見本帳から復元に尽力されたのが照次氏。 型絵染の人間国宝・稲垣稔次郎に師事され、頭角を表されていた照次氏は、 後年、幻の染色となっていた故郷の和更紗「鍋島更紗」に出会い、復元されました。 照次氏の亡くなられた後、お父様の遺志を受け継ぎ 「復刻の鍋島更紗ではなく、現代の鍋島更紗の着物を…」 との思いで「木版摺り更紗」を確立され、人間国宝に認定されました。 その作風は、日本画を学ばれたご経験もあって、 優しい彩りや、直線と曲線の絶妙なバランス、その趣味性の高さが実に魅力的な着物です。 絹地には、鈴田滋人氏ならではのモダンな感性が存分に着物に表現されています。 淡くスッキリとした幹色を基調とし、繊細に繰り返される更紗の意匠。 何度も何度も、繰り返し型を押して柄を染めていく工程は、 全身の体重を掛けて行われます。 「慣れない人なら、1時間で足腰が立たなくなる」とも伺います。 気が遠くなるような手間をかけて制作された着物です。 お目に留まりましたら何卒お見逃しなきよう宜しくお願い申し上げます。 ■鈴田滋人 略歴 昭和29年(1954) 佐賀県に生まれる 昭和54年(1979) 武蔵野美術大学日本画科を卒業 昭和56年(1981) 父、照次の遺志を次ぎ木版摺更紗の製作に取り組む 昭和57年(1982) 日本伝統工芸展に入選 昭和60年(1985) 日本工芸会正会員 昭和62年(1987) 日本伝統工芸染織展にて日本工芸会賞 昭和63年(1988) 日本伝統工芸染織展にて文化庁長官賞 平成4年(1992) 日本伝統工芸染織展にて文化庁長官賞 平成8年(1996) 日本伝統工芸展にて奨励賞 平成10年(1998) 日本伝統工芸展にてNHK会長賞 平成16年(2004) 日本工芸会理事 平成20年(2008) 重要無形文化財「木版摺り更紗」保持者に認定


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事