下平清人の着物の型絵染国画会

HOME 買取 着物

【下平清人の着物】 特選型絵染ちりめん九寸名古屋帯の着物 ≪太鼓柄の着物≫ 「亀甲に花と雪輪露芝」 (仕・新古品) ≪人間国宝・芹沢圭介氏の一番弟子の着物≫ 人間国宝・芹沢圭介氏の一番弟子でもいらっしゃる… 下平清人氏の型絵染の着物。 まず一般には流通していないお品。 かなりのレア品の着物ですので、着物ファンの方、 どうぞこの機会をお見逃しなくお願いいたします。 ■未着用の新古品として仕入れてまいりましたので美品でございます。  お目に留まりましたらお値打ちに御召しくださいませ。 (※お届け前にプレス加工をサービスいたします。お届けまで1週間前後頂戴いたします。) 『型絵染』 伝統的な型染とは異なるもので、 昭和31年に芹澤圭介氏の技法が重要無形文化財に指定された際に 初めて使用されたものです。 その技法はまず、個性的な下絵がかかれ、絵模様が創案され型彫り、 染色にいたる工程のほとんどを一人でこなす性質のものでした。 型絵染は、伝統の工程を一層発展させ、絵画的表現を追及する創作的な型染め。 伝統的な型付けの手際の良さやできばえを誇る職人仕事とは趣が違い、 造詣力や色彩感覚がもっぱら重視されます。 こうした型絵染の創作は、生まれながらして才能に恵まれ、 また絵心豊かな方でないとできえない着物の技法なのです。 シボ高い落ち着いたサーモンピンク色のちりめん地。 亀甲に草花や雪輪露芝が彩りゆたかに染め描かれております。 個性的な着物ながらもさりげないお柄はおきものとのコーディネートもいただきやすく、 和の趣きを、この上なく感じさせてくれることでしょう。 本当に流通することのない着物です。 型絵染着物ファンの方にぜひおすすめの一本! お見逃しなくお願いいたします。 【 下平清人 略歴 】 1936年 長野県飯田市に生る 1956年 人間国宝芹沢圭介に師事/国画会初入選/日本民藝館展初入選 1958年 国画会新人賞 1962年 日本民藝館展奨励賞 1965年 国画会野島賞 1970年 国画会会友優作賞 1972年 国画会審査員 1985年 東京・京都にて20周年個展開催 1986年 連展厚生大臣賞 1987年 富士美術賞 1990年 第三文明展第三文明賞/栃木県展審査委員長 1991年 飯田市立美術博物館にて個展開催


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事