木村雨山の加賀友禅の着物

HOME 買取 着物

【人間国宝・木村雨山図案の着物】 本場加賀染友禅小紋着尺 「菊楓花扇文・生成り」 ≪雨山の染絵のの着物世界を!≫加賀友禅の着物は、絵画的で写実的、質実剛健な作風を特色にしていますが、日本画の手ほどきを受けられていた故雨山氏は、その加賀友禅の着物の特色を活かしながらも、写生による図案をもとに制作を行い、日本画の技法を駆使して、宗達、光琳風の濃淡の色調を巧みに表現し、加賀友禅の着物を新境地へと誘いました。木村雨山(きむら うざん) 木村雨山画像  友禅   重要無形文化財保持者 昭和30年(1955)認定 今回ご紹介いたしますのは、 故・人間国宝 木村雨山の染絵の世界を表現した着物のご紹介です。 さらりと肌心地の良い着物の縮緬地。 上品な生成り色のお色地一面に、 菊や楓、花扇を染め上げました。 着物の発色の良いお色使いが、風雅な印象を漂わせてございます。 加賀友禅の着物の新境地を展開  木村雨山は加賀友禅着物の名工上村松太郎のもとで加賀友禅着物の技法を修め、南画家大西金陽(きんよう)に日本画の手ほどきを受け、大正12年(1923)に友禅職人として独立しました。その後も洋画家岡田三郎助(さぶろうすけ)、東京美術学校校長正木(まさき)直彦らの指導のもと、加賀染の着物の古い名品を見る機会にも恵まれます。  加賀友禅の着物はぼかしを採り入れた絵画的な作風を特色にしていますが、木村は写生による図案をもとに制作を行い、日本画の技法を駆使して、宗達(そうだつ)・光琳(こうりん)風の濃淡の色調を巧みに表現しました。日本の伝統的な美意識を写生調の図案に託し、大和式の意匠構成を現代的感覚でまとめた優雅でみずみずしい新境地を開拓しました。 着物やコート・羽織りとして、またご趣味のリフォームや小物へのアレンジなど、 様々にお楽しみくださいませ。 略歴  明治24年2月21日-昭和52年5月9日(1891-1977)  金沢市生まれ、本名木村文二(きむら・ぶんじ)。石川県立工業補習学校自在画図案科卒業後、上村(うえむら)松太郎のもとで加賀友禅を修行。昭和9年(1934)帝展特選、12年(1937)パリ万国博覧会銀賞。29年(1954)第1回日本伝統工芸展に出品以来、同展で活躍。30年(1955)日本工芸会理事就任。51年(1976)勲三等瑞宝章。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事