喜多川平朗の着物に見る有職文様

HOME 買取 着物

【人間国宝 喜多川平朗の着物】監修 特選すくい織錦九寸帯 「霞文様」 ≪上質仕立て上がり・中古美品≫ 俵屋・喜多川のすくい織の着物!喜多川平朗氏の意志を受け継ぐ着物の俵屋・喜多川より、 珍しい工芸帯をお届けいたします。 着物の証紙はございませんので、 着物の展示会などでご覧になられた一部のお方しかご判断いただけないかもしれませんが、 破格でお届けいたしますのでどうぞお見逃しなく。 古来より受け継がれてきた有職着物に現代の息吹を吹き込んで…。 その繊細にして典雅なる着物の作風は、 皇室御用達の着物の作家としての確かな実績でも注目を浴びています。 京を誇る着物の俵屋十七代目≪喜多川平朗≫。 喜多川平朗氏は1960年、「有職着物」で1956年の「羅」につづき 重要無形文化財保持者【人間国宝】の認定を受けておられるお方です。 現在は18代目 喜多川俵ニ氏が父に続き親子二代で人間国宝となり その着物を広めていらっしゃいます。 古く中国より伝えられた着物が平安時代になり日本人好みに和様化され、 平安の公家たちが宮廷の儀式や日常の着物に用いた日本独特の着物の伝統文様、有職。 「二陪織物(ふたえおりもの)」はその代表的なもので、 地織と文様織を別に作り地文様の上に上文(うわもん) と呼ばれる文様の部分だけを別糸を渡して縫取りのように浮かせて織り出します。 有職着物は、「二陪織物(ふたえおりもの)」「綾(あや)」 「浮織物(うきおりもの)」「うすもの(羅(ら)、縠(こく)、 紗(しゃ))」など多岐にわたり、“シンプルな文様の美しさ”と “色の調和美”が魅力の着物といえましょう。 俵屋はその有職文様をもとに数々の着物を製作し、 皇室御用達の着物の作家としての確かな実績で今もなお注目を浴びておられます。 軽やかな地風…。 繊細に魅力的な意匠美の着物は、手にされますとまずその軽さに驚きます。 俵屋さんの着物の中でも大変珍しいすくい織錦のレアなひと品。 繊細な織りくちにその色目、画面からも感じていただけますでしょうか。 銀の箔糸がわずかに煌めく、しなやかな風合いのすくい織の地。 香色や黄土色、赤香色、オリーブグリーン色、深紫色などで霞文様が織り出されました。 古典の格調感じる印象で織り上げられた特選品。 是非お手元でご覧頂きたく存じます。 最小限の色使いながら落ち着いた気品と 典雅に満ち、格調高い帯姿をお楽しみいただけます。 一生ものの帯をお探しの方にお勧めいたします。 【 喜多川平朗 】 明治31年 七月 京都西陣機屋俵屋16代目喜多川平八の長男として生まれる 大正10年 23才 京都市立絵画専門学校日本画科を卒業する。 昭和2年  29才 宮中装束調進の高田義男の要請により有職着物製織業を始める 昭和3年  30才 天皇ご即位大典儀式用装飾、装飾着物を謹製する 昭和4年  31才 第五十八回 伊勢神宮式遷宮の御神宝織物を製作する 昭和6年  33才 貴・衆議員の新築用の玉座その他の装飾着物を製作する 昭和28年 55才 第五十九回伊勢神宮式年遷宮の御神宝着物を製作する 昭和31年 58才 重要無形文化財「羅」の技術保持者に認定される 昭和35年 62才 重要無形文化財「有職着物」の技術保持者に認定される 昭和42年 69才 西陣織物工業組合の西陣織500年記念式典に当たり         文化功労者賞受賞。紫綬褒章受章。 昭和43年 70才 キワニス文化賞 受賞 昭和45年 72才 京都市文化功労者として表彰される 昭和48年 75才 第六十回 伊勢神宮式年遷宮の御神宝着物を製作する         勲四等旭日小綬章を受章する 昭和49年 76才 文化庁製作の記録映画 「有職着物」 喜多川平朗の技の撮影完了 


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事