博多織の着物の歴史と小川規三郎

HOME 買取 着物

【本場筑前博多織の着物】 【人間国宝・小川規三郎監修の着物】 【福紘織物の着物】 特選御召着尺 (広巾) 「切子・白鼠色」 ≪奥ゆき生み出す地紋の美!≫ 人間国宝 小川規三郎氏の監修の元、 製作された博多織の着物のお召をご紹介いたします。 博多献上で知られ… 日本の帯・三大産地のひとつである博多織の着物。 520余年の歴史の西陣の着物に比べ、760余年という古い歴史を持ちます。 長い着物の歴史のなかで「帯は博多」の印象が大きくなりましたが、 西陣御召しかり、帯のあるところには、上質なきものが存在しました。 その織りの質もさることながら、 意匠センスも抜群の、まさに通好みな一品でございます。 どうぞお見逃しのございませんように、お願い申し上げます! モチーフは、切子。 ガラスにカット文様を刻み込んだ…美しいカットグラス。 色ガラスと透明なガラスの境目が曖昧にぼかされて、 次第に色彩が薄められてゆく色彩のグラデーション。 薩摩切子、江戸切子、その源流はヨーロッパに求めつつ… 独自の工芸品として発展し受け継がれる、伝統の技術。 日本人の着物が持つ細やかな感性が生み出す華麗な美の技を、 しっとりとした織り地に、見事なまでに表現いたしました。 「地紋をもつ紬」は、日本各地の着物の産地でも稀なもの。 大変な技術力を必要とされる贅沢なものでありながらも、 遠目には分からないほどにさりげなく、近づいて初めて分かる絶妙な洒落味。 奥行きと味わいあるお色は、いつまでも見飽きるということがございません。 お色は上品な、ほんのり紫色みも感じさせる白鼠色。 まろやかに…女性らしい優しさを感じさせてくれる実に良いお色。 絶妙な濃淡で織り模様に奥ゆきを生み出し、 地風はふんわりとしなやか、かつやわらか… 撚糸が入っておりますためシワになりにくく、茶席などにも重宝いたします。 各地の着物の紬をお持ちという織物ファンの方にも、 これはなかなかお目にかかるものではないのではないでしょうか。 自信と責任を持っておすすめできる作品をお届けいたします。 ぜひともお手元にて、存分にご愛用くださいませ。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事