宗廣の郡上紬の着物

HOME 買取 着物

【染織着物レッドリスト】 【郡上紬の着物】 ≪宗廣陽助の着物≫ 特選草木染紬着尺 「希望」 ※故人間国宝力宗廣三氏のご長男! ≪日本が誇る…幻の紬着物。≫ 究極の…幻と言われる紬着物。 手織りの高級品が並ぶ紬の中でも、 郡上紬の着物はお品さえ滅多とお見かけすることのできない希少紬でございます。 製作反数は月に3反前後。 年間にしますとわずか20~30反ほどにしか織りあがってくることはございません。 まさに幻の紬、と称される逸品の新品未仕立ての着物が特別に入荷して参りました。 しかも織り上げたのは郡上紬を現代の着物に甦らせた故人間国宝、 【宗廣(広)力三(むねひろりきぞう)】氏のご長男、 【宗廣陽助】氏による着物でございます。 水と踊りの町、郡上八幡。 澄んだ空気に、やさしい川のせせらぎ。 やがては長良川に流れ込む清流が寄り添い…山々の緑はどこまでも奥深い。 そんな美しい環境で、郡上紬の着物は生まれます。 国産の厳選春まゆだけを使って織り上げられた絹織り物の着物。 着れば着るほどに光沢が増し、三代に渡り着続けることのできる本物の紬着物と言われております。 郡上紬は、平家の落人が野生の繭から糸を紡ぎ、植物染料で染めた糸で織った織物がその発祥とされております。草根木皮などで着色され、手織り機で丹精に織り上げられたそれらに模様らしいものはなく、様々な色糸が織り交じったものでした。 ところが江戸期に入ると郡上紬着物は急速に衰え… その着物作りの技術はかろうじて、細々と伝えられているのみになっておりました。 それを、戦後になってはじめて再興させたのが、故宗廣力三氏でした。 氏は昭和57年(1982)に、国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に、紬着物ではじめて個人認定されました。 郡上紬の着物の魅力は、草木染による素朴な色合いと光沢です。 特に、宗廣力三氏が創り上げ、郡上紬最大の特徴ともなっている≪どぼんこ染≫によるぼかしは、他に類を見ません。 これは、染料液に糸を垂直に入れて染め上げる方法で、糸の繊維が染料を自然に吸い上げる力を利用したものです。 糸を少しずつ引き上げたり、染料液を減らしたり… ひとえに経験のみによる細やかな気配りが命の、本当に微妙な染め方です。 そうして染めた糸を組み合わせて生み出される美しい織りのぼかしは、郡上紬にしか表現しえない、独特のものでございます。 糸、染料、意匠にこだわり、研究努力を重ねた宗廣氏。 生涯目指したのは、「技を感じさせない技」だったといいます。 郡上紬が堅牢で、着るほどに、洗うほどに、深みとつやを増す一つの秘密はここにあるのでしょうか。  ≪織五省≫   一、糸を経(たて)に 心を緯(よこ)に   一、常に技法の研鑚に務めむ   一、一すじの糸の命を大切に   一、正された仕事を美が追いかけてくる   一、自他一如   自らの仕事(作品)が永遠に生きる道なり (力三) 宗廣氏が亡くなった今、その美術的価値から、宗廣氏の作品を現実的にお召しいただくことはもはや難しいものと思います。 それでも氏の心を受け継いだ素晴らしい着物の作家さんが、まだここにおられます。 品質の高い糸は、この地方に自生している植物で草木染めされます。 一度だけではなくて、何度も何度も染め返され、色彩の深い、郡上紬独特の色目が生み出されます。 平凡な柄を非凡に。 一見さりげなく見えるのですが、大変に奥行きある、深い織物です。 落ち着いたクリーム色を基調に、藍色、赤茶色、白茶色の格子柄が織り成されました。 一見シンプルですが実に味わい深い仕上がりとなっております。 厚地でふっくらあたたかい織り、どこか懐かしい意匠。 そして、着れば着るほど身体になじむ着心地。 生活から生まれた素朴な紬本来の姿が、その色彩と地風に感じられます。 紬ファンの憧れ多き逸品。 全国の紬産地の中でもとりわけ希少性の高い郡上紬。 色彩だけではない、そのものの存在にどこか力強さを感じさせる独自の魅力。 是非ともこの機会をお見逃しないように思います。 末永く大切に大切にお召しいただける方に、心を込めてお届けいたします。 どうか、この機会をお見逃しなくお願い致します。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事