南部芳松の着物の型紙

HOME 買取 着物

【人間国宝・南部芳松彫刻】 重要無形文化財 伊勢型紙 特選小紋着尺 「ふくら雀に松葉」手のぬくもりを伝える味わいのお着物。 人間国宝・南部芳松氏の型紙を用いて染めたお品です。 延暦年間に始まったとされる伊勢型の歴史… その歴史を担い、ともに歩み、素晴らしい作品を残してきたのが南部芳松氏です。 南部氏は明治27年に生まれ、昭和30年に重要無形文化財 伊勢型紙技術保持者として認定されました。 その後51年に亡くなられましたが、彼の残した型は生き続け、しかしその型が一部でも破損すればそれでもう二度と同じものは製作されないという環境の中で、その型が一つ減り二つ減り、今となっては希少価値も大変高くなっております。 この作品に用いられた型も、どこか一部でもこわれてしまえば、二度と創ることは出来ません。その貴重な型を大切に大切に用い、創り上げられた逸品小紋です。 しなやかでありながら素朴な感触の縮緬地。 落ち着いた、紫みの煤竹色に染め上げ、 南部氏の型を用い、型をこわすことのないよう京の一流染元の老練の匠技のもと染め上げられた手加工の逸品です。 配された意匠は繊細な、ふくら雀と松葉の模様。 素朴な中の上品さを感じられる作品に仕上がっております。 貴重な一品、その世界を存分にご堪能くださいませ。 南部芳松の着物と扱っております 着物の型紙彫刻家の南部芳松をご存知でしょうか? 古い歴史を持つ伊勢型紙の彫刻技法の1つ「突彫(つきぼり)」で重要無形文化財保持者の認定を受けた着物の作家さんです。 父に伊勢型紙彫刻の着物の突彫の技術を学び、山梨県谷村で着物の甲斐絹(かいき)型を、小林勇蔵に着物の中形彫刻を学び着物の型紙作りの基盤を築きました。 南部芳松の得意とする技法「突彫」は5~8枚を重ねた地紙を直径2~3センチの穴の開いた板の上に乗せ、細い小刀で文様を彫り出すもので、曲線や鋭角的な切り込みも彫ることができるため、絵画的な図柄の型紙作るのに適している技法です。 着物の型紙彫刻は他の染色技術と違い、作家本人が亡くなっても着物の型紙だけは残るので、着物の型紙が使用可能な限りは作品が作られ続けています。 南部芳松は昭和51年に亡くなっていますので、現在でも南部芳松が残した着物の型紙を使って作品が作られていますが、型紙の老朽化も進んできており、年々その数が減少してきているため、中古品としても金額が高くなってきています。 そのため、南部芳松の着物は高騰しております。 南部芳松作品について 南部芳松の着物の型紙は今もなお使われており、使われる素材によっても価値が変わってきます。 例えば、石川県で作られていた白山紬の反物に南部芳松の制作した型紙で染められた場合、白山紬の価値と南部芳松の価値がプラスされます。 他にも有名な染師が南部芳松の制作した型紙を使って染めた場合でも同じ事が言えます。 型紙彫刻家の作品は、染める人間によって同じ型でも風合いが変わる面白さがございます。 ご不要になりました、南部芳松の作品がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事