北村武資の着物の羅

HOME 買取 着物

【人間国宝 北村武資の着物】最高傑作袋帯  手織り着物 羅金袋帯~菊の丸~ ※待望の着物が入荷!! ≪比類なき国宝の美技。≫ついにご紹介が叶いました…!!! 「経錦」と「羅」の二つにおいて重要無形文化財保持者人間国宝の認定をうけている 北村武資氏の超ハイグレードな着物をついにご紹介することができました。 各地美術館に所蔵されているランクのお品ですので 一般にはなかなか出回ることのない1点です。 御存知の方もいらっしゃるとは思いますが いわゆる羅に平金糸を緻密に織り込んだ「羅金」とよばれる 袋帯です。この度ご縁がございまして、本品のみご紹介がかないました。 夏単衣や盛夏のために誂えたご自慢の着物に是非!! 北村武資の着物は、いずれも伝統的な織物を構成する要素に変化を加え、 現代の美として甦らせることを意図して生み出されたものです。 国内外に知れ渡る名匠の美技。 「現代に生きる織」を志向し、古代技術の復元に留まらず、 新たな織物美の創出を志すその作風は、国内外で高い評価を得ています。 平安時代以降、歴史上から姿を消し、ようやく大正末期ころから昭和にかけて、 喜田川平朗氏らにより羅組織の復元が試みられるようになりました。 そして羅に魅せられた北村武資氏の手によって復元され、今日に至っております。 羅とは搦み織りの一種で、太撚の絹糸を使い、振綜(ふるえ)という経糸を自在に動かせる装置を備えた機で織ります。1本の経糸が左右の経糸と捩れ、 そこに緯糸を通して搦みを固定し網目状の隙間をつくっていきます。 この本物の羅は、決して織機でできないことなどから、西陣でも作られておりません。 その羅にまるで摺友禅のようにも見える独自の織技法で平金糸を織りこみ 所作で浮き沈みする菊の花の丸模様を表しました。 透けながら輝く、なんとも素晴らしい天上のきらめき。 現代の空間に溶け合うモダンで立体感ある表情。 一色のみで創作されておりますので、 合わせて頂く着物の地色も選ばず重宝していただけることでしょう。 ここまで上品な美しい羅織物には、なかなか出会うことができないかと存じます。 本当にお手にとって、触れてただけないのが残念ですが、通常の羅に比べ、 地厚ながらも非常に軽く、シャリ感のある仕上がりとなっています。 シンプルながらその意匠美、機能美、そして組織美を追求した着物、 人間国宝が奏でる逸品を特別価格にてお届けいたします。 創作されている数もかなり少なく、ほとんど市場に出回らない着物でございます。 夏のフォーマルな着物にこの上ない上品さを宿してくれることでしょう。 末永くご愛顧いただける方にお届けさせていただければと願っております。 母娘受け継ぐ美術品としての着物をお求めいただければ幸いでございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 ※こちらの帯には、夏綿芯をおすすめ致します。


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事