北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

HOME 買取 着物

中古品着物として仕入れてまいりましたが、大切に保存されていた着物なのでしょう、着物には仕付け糸もついたまま、一度も着用されていないほどの美品の着物でございます!おそらくもともとは着物が約170万円、帯が約80万円の新品で250万円以上のセットです。お手元で現品を確認の上、北村武資としてはお値打ちに御召くださいませ! 限られたお方に、限られた場所でしかお目にかかれない珍しい御着物。 ほとんどのお方は、北村武資展でしかご覧いただけない着物かと存じます。 「経錦」と「羅」の二つにおいて重要無形文化財保持者人間国宝の認定を受けている 北村武資氏の特に希少な作品をついにご紹介することができました。 さらに今回は、繧繝錦の袋帯とセットで仕入れることが出来ました。 この北村武資は二度とご紹介できない着物と言っても過言ではない、一期一絵の傑作品ですから、 何卒お見逃しなきようお願い申し上げます。 今回ご紹介させていただきますのは、 北村武資の重要無形文化財技術【経錦】の技法で織り上げられた着物でございます。 北村武資氏の作品は、いずれも伝統的な織物を構成する要素に変化を加え、現代の美として甦らせることを意図して生み出されたものです。 「現代に生きる織」を志向し、古代技術の復元に留まらず、新たな織物美の創出を志すその着物の作風は、国内外で高い評価を得ています。 国内外に知れ渡る伝統的な織物を構成する要素に変化を加え、現代の美として甦らせる名匠の美技を、どうぞじっくりと、ご鑑賞くださいませ。 媚茶色の上品菊を基調として、蒸栗色の芯、墨黒色の背景。 古典の意匠ながらもここまでのデザイン性のある着物には、 なかなか出会うことができないかと存じます。 シンプルながら現代の空間に溶け合うモダンで立体感ある表情を持つ着物。 最小限の色使いで創作されておりますので、合わせていただく帯の地色も選ばず重宝していただけることでしょう。 帯は「繧繝錦(うんげんにしき)」と称される、伝統的な織物を構成する要素に変化を加え、現代の美として甦らせるシンプルな中にも高尚な気品あふれる逸品。 希少な黒地に、金糸を一切使わずに横長の菱型に美しくも繊細に織り込みました。 「ここまで上品に!」との驚きを隠し得ない程さりげない存在感が、縄文模様に託されて本当に素晴らしい仕上がりの着物となっています。 また、着物をお召しになられる方を惹きたてつつしっくりと寄り添うやわらかい手触りは、 お手にとって触れていただけないのが悔やまれるほど。 卓抜した意匠美、機能美、そして組織美の三重奏は、まさに日本古来の伝統美を追求し続けてきた人間国宝にしか奏でられない贅沢なハーモニーと言えるでしょう。 人間国宝が奏でる逸品を特別価格にてお届けいたします。 末永くご愛顧いただける方にお届けさせていただければと願っております。 母娘受け継ぐ美術品としてお求めいただければ幸いでございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 【人間国宝 北村武資 プロフィール】 昭和10年(1935) 京都市に生まれる 昭和40年(1965) 日本伝統工芸染織展にて優秀賞 昭和42年(1967) 日本伝統工芸染織展にて奨励賞 昭和43年(1968) 日本伝統工芸展にてNHK会長賞 昭和44年(1969) 日本伝統工芸染織展にて奨励賞 昭和49年(1974) 日本伝統工芸展にて奨励賞 昭和50年(1975) 日本伝統工芸近畿展にて特別賞 昭和51年(1976) 日本伝統工芸染織展にて東京都教育委員会賞 昭和53年(1978) 日本伝統工芸染織展にて奨励賞 昭和55年(1980) NHK文化シリーズ「古代の紋織」に出演 昭和58年(1983) 日本伝統工芸染織展にて奨励賞 昭和60年(1985) 個展(銀座 和光) 平成02年(1990) 日本伝統工芸展にて保持者撰賞 平成04年(1992) 京都府無形文化財「羅」「紋織」保持者に認定 平成06年(1994) 個展(銀座 和光) 平成07年(1995) 重要無形文化財「羅」保持者に認定 平成08年(1996) 紫綬褒章 平成12年(2000) 重要無形文化財「経錦」保持者に認定 現在 日本工芸会正会員 理事


着物

優佳良織

厚司織

津軽木綿

南部紫根染

川平織の着物を織りなすからん工房

一心が辻が花で世に出した着物

北村武資が伝統を現在の美に蘇らせた着物

古典的な白鼠の吉川染匠の着物

羽田登喜男の友禅  麗しい鴛鴦の着物

無形文化財保持者、小宮康孝の着物

伊勢献上道具の着物

殿下に献上された伊勢型紙の着物 中村勇二郎

草木の息吹を感じる志村ふくみの着物

夏の着物 羽田登喜男の友禅の存在感

芹沢けい介の型絵染め着物

力三氏による郡上紬の着物

中村勇二郎の遺品 江戸小紋の着物

北村武資の着物の羅

福田喜重の着物に見る国宝喜三郎の刺繍

着物に見る志村ふくみの草木色

志村ふくみの着物の色工房

与那嶺貞が蘇らせた読谷山の着物

ダイアナ妃へも贈呈された羽田登喜男の着物

羽田登喜男の最高傑作京友禅絵羽付下げの着物

中島秀吉彫刻の伊勢型紙の着物

南部芳松の着物の型紙

宗廣の郡上紬の着物

博多織の着物の歴史と小川規三郎

喜多川平朗の着物に見る有職文様

木村雨山の加賀友禅の着物

下平清人の着物の型絵染国画会

佐々木苑子の紬織の着物

鈴田滋人の更紗工芸着物

喜多川俵二の俵屋有職着物

佐藤房子の北海道富良野の着物

着物の袖身頃と折り畳み方

着物の礼装と格

着物の場合の上前と足

着物の袖と身丈寸

着物の草履で雨に使う足袋カバー

着物を柄で購入する場合

着物の生地でいいこと

着物を着るための着付け

着物の衿と長襦袢の伊達締め

着物の上前と衿

着物で裾を端折する場合

着物の帯で用いる格

着物の収納と保管剤

着物の汚れ

着物の上品な髪型

着物は着る物

着物の代わりに着る浴衣

自分に良い着物を買う

着物屋さんへ行く事